クリエイティブメモリーズを使ったスクラップブッキングのレイアウトをご紹介しています

入学式のレイアウト

f:id:n-hummingbird-t:20180615122455j:plain

日に日に暖かくなって、春の訪れを実感しますね♪

 さてさて、今日は入学式のレイアウトのご紹介です。お花見でも使えますね。

 こちらはピンクの桜が映えるように、スパーゴという地模様のある台紙を使っています。白の台紙を使ってみてもいいかもしれません。

 このレイアウトの特徴は、桜や木、芝生の部分のペーパーをナミナミでカットしているところです。

クリエイティブメモリーズの「12インチデコレーショントリマー」という道具のゆるい方の曲線でカットしています。

その道具、持ってないわ!という方は、ご自分でなみなみを書いてカットしてみてもいいですし、雲型定規(100均でも売っています)でチャレンジしてみて下さい!

 ゆるいなみなみと無地のペーパーを使ったレイアウトなので、そのままだとちょっと華やかさに欠けるので、桜の部分は濃いピンクとラメの入った薄いピンクのペーパー2種を使い、下の芝生の部分は、黄緑色の無地のペーパーと水玉の黄緑色のペーパー2種を使っています。 

桜のレイアウトなので桜のパンチをお持ちの方は入れてみるといいかもしれませんが、私は持っていなかったので、ハートのパンチでカットし、桜の花びらが散っている風にしてみました(桜って、ハートの形の花びら5枚で構成されていますよね)

 今までのレイアウト紹介で特に触れてこなかったコメント(ジャーナリング)ですが、私は結構たくさんジャーナリングを書く方です。写真を貼りそれに合ったイメージのレイアウトを作るのは素敵ですが、同じぐらい大切なのがジャーナリングだと思うからです。

1つの出来事も、その時の天気や子供達の様子(緊張していたとか、楽しそうだったとか)を具体的に書いておくと、それを読んだ時に記憶の引き出しが開いて、そういえばこんなこともあったなと色々な事が思い出せるからです。

 でも実際、その出来事のしばらく後にアルバムを作りジャーナリングを書こうと思うと、忘れてしまっていますね。なので私は当日や写真を印刷した時に、ちょっと面倒でもメモしておくようにしています。子供達の行事でアルバムのページを作ることが決まっている場合は、帰ってきたら早速どんな事があったか聞いてメモしておきます。

 記憶はどんどん薄れていくものですね。ちょっと面倒でもたくさんジャーナリングを書いて、記憶の引き出しの鍵をたくさん作っておきましょう♪