クリエイティブメモリーズを使ったスクラップブッキングのレイアウトをご紹介しています

雪の日のレイアウト

f:id:n-hummingbird-t:20180615123323j:plain

昨日は春分の日なのに、雪が降りましたね!寒い~と思いつつも、なんだか雪が降るとドキドキワクワクしてしまいます。

 雪が降った!!という事で、今日は雪のレイアウトのご紹介です。

 まず台紙ですが、ペーパーで白や水色を使うので、色が栄えるように今回はスパーゴという少し色の入っている台紙を使いました。

 雪が積もっている様子を表しているナミナミは、12インチデコレーショントリーマーの波のような曲線でカットします。これを白と水色の2枚カットして、少しずらして貼ります。

 写真は、全部サークルパターンでカットします。

全体像の写真は大きめのサークルでカットして、写真の中の表情など注目したい所は、その部分だけ、カットするといいですね。

 余談ですが、スクラップブッキングでは、写真のここは注目!という部分を強調してレイアウトすることができるので、おもしろいですよね。

今回は、子供がこっそり雪を食べている表情の写真をサークルで切り抜きました。

 写真と写真の隙間は、雪の結晶のパンチを貼りました。雪の結晶のパンチがなければ、100均にも売っている2つ穴のパンチを雪に見立てて貼ってもいいですね!

 最後に雪だるまです。これもサークルパターンを使って、大小の白い丸を切ります。ハサミで雪だるまの帽子と鼻(ニンジンで見立てて細長く切りました)と手を切り、腕と目はペンで書いたら出来上がりです。

f:id:n-hummingbird-t:20180615123345j:plain

 またまた余談ですが、皆さんは余ったペーパーをどうしていますか?

ペーパーを完全に使いきる事はまずないですよね。

私は小さく余ってしまったペーパーは色で分けて、A4のファイル(DAISOだと、クリアブックの30ポケットという商品)に入れています。

今回の様に、雪だるまの帽子や手袋を作りたいという時に、わざわざ大きなペーパーを切らずに済みますよ。