クリエイティブメモリーズを使ったスクラップブッキングのレイアウトをご紹介しています

我が家流、朝日小学生新聞を続ける方法

f:id:n-hummingbird-t:20180718232722j:plain

こんにちは。

今日はスクラップブッキングとは関係のない記事です(*_*)。

でも小学生のお子さんを持つ方には、興味がある内容なのではないかな?と思います

我が家の上の子は、小学校3年生から朝日小学生新聞を読んでいます。

将来を考える上で、色々な分野の出来事を知ってほしいなと思ったからです。
やはり親の興味のある分野は、偏りがありますからね。

朝日小学生新聞は多岐に渡るテーマを子供にわかりやすく記事にしてあります。最新のニュースも次の日には記事にされているので、子供もテレビのニュースにも興味を持つようになりました。

アメリカの大統領選挙の時も、新聞にトランプ候補とクリントン候補について詳しく書いてあるので、選挙中もニュースに釘付けで家族で議論したりもしました。トランプ候補が勝利したときには、ものすごい反応を示していました!

大人が読んでもとてもおもしろいんですよ。

以前マイナス金利が問題になったとき、ニュースを見てもイマイチよくわからなかったのですが、朝日小学生新聞を読んだらすぐ理解することができました!

新聞を取り始めた当初は目新しさもあり、子供逹は積極的に読んでいるのですが、しばらくするとなかなか続かなくなりました。「新聞読んだ?」と声がけをすると、逆に子供が「新聞読むのめんどくさいな」と思ってしまう時もあるんですよね。

第2ステージですね。いかに新聞を読むということを習慣化するかという段階に入ります。

この時に我が家でしたことは、新聞を読んで一番おもしろいな、興味があるなという部分を切り取って家族がよく見る場所に貼ることでした。

どこに貼ろう?と探した挙げ句、トイレに貼ることになりました。

記事が家族で話題にのぼると、子供は「自分の選んだ記事が話題になっている」と新聞を読むモチベーションにつながるようです。親からすると、この子はこうゆう事に興味があるんだなと知ることができるんです。
記事を切り抜いて貼るというところは良かったのですが、うちの子は「毎日読むのはちょっと」という声があったので、だいたい3日おきの時間がある時に読むことになりました。

でもそうすると、いつの日のを読んで、いつの日のを読んでいないか把握できなくなってしまったので、新聞の切りぬきの隣にカレンダーを置き、読んだ日にはシールを貼ることにしました。

カレンダーは1ヶ月のものより、1週間毎のもののほうが新聞が溜まりにくいのでオススメです。またカレンダーもめくるのが楽しいものを選びました。我が家はこのカレンダーを選びました。

毎週色々な国の文化や言葉が紹介されているので、めくるのが楽しいみたいです。

試行錯誤を続けて2年ちょっと、きっちり全部を読みきれているわけではないですが、現在も新聞を読み続けています。

小学生新聞を読ませてみたいな、どうやったら続くかな?読ませてみたいけど続かない!という方に我が家の体験談が何かヒントになれば嬉しいなと思います。

夏休みに入りましたね。試しに親子で朝日小学生新聞を読んでみてはいかがでしょうか。オススメですよ!