クリエイティブメモリーズを使ったスクラップブッキングのレイアウトをご紹介しています

アルバム作りの効果とは!?

先日スクラップブッキングのアドバイザー登録をしている、クリエイティブメモリーズから、アルバム作りの効果についての報告がありました。

 

ノスタルジー、幸福感、身体的健康、コミュニケーションが人間の心理にどのような影響を与えるかを研究しているノースダコダ州立大学心理学部教授のクレイ・ラウトレッジ博士のコメントでした。

どんな先生なのかしらと、ノースダコダ州立大学のHPを見てみました↓

https://www.ndsu.edu/psychology/people/

クリエイティブメモリーズのアルバムについて「思い出を振り返ることは、人とのつながりを実感したり、愛されていると感じたり、様々な人から助けをもらっているということを再確認すること。それは社会的な自信を持ち、将来に対してポジティブに考えられるようになり、人に対して優しく寛大になれることにつながっています。」との話でした。

最近では大人も子供も毎日が忙しく、目の前の課題をこなす事に精一杯ですね。ですが、我が家はいつも手が届くリビングのキャビネットにアルバムを置いてあり、子供たちも時々アルバムを手に取り眺めています。

アルバムは、私から子供達に対して毎日学校や行事を頑張っている事をちゃんと見てるよ!応援しているよ!という事を伝える1つのツールでもあると思っています。

以前読んだ「学力の経済学」という本では「子供をほめる時には、具体的に子供が達成した内容を挙げることが重要です。そうすることによってさらなる努力を引き出し、難しいことでも挑戦しようとする子供に育つ。」という事が、実際に実験から得られたデータから解説されていました。

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

アルバムは、写真を通して当時の頑張りを振り返りジャーナリング(コメント)を通して子供達にエールを送る事ができます。

写真を楽しく整理したいと思って始めたスクラップブッキングですが、写真やジャーナリング(コメント)を通して家族の出来事を記録することは、アルバムを見る子供たちにも良い影響を与えているのかなと思えた出来事でした。