クリエイティブメモリーズを使ったスクラップブッキングのレイアウトをご紹介しています

クリスマスリースのレイアウトとサンタの正体

f:id:n-hummingbird-t:20181106123816j:plain

11月に入り、朝晩肌寒くなりましたね。
朝起きると暖房のスイッチを入れたくなる誘惑にかられます。

来月はクリスマスという事で、クリスマスリースのレイアウトのご紹介です。

タイトルの「サンタの正体」は、こぼれ話という感じなのでブログ最後に載せましたので、ご興味あれば読んでみてくださいね。

ではでは、クリスマスリースのレイアウトの作り方をご紹介します。

このレイアウトは

  1. 植物のパンチ(またはコンパス)でリース部分を作成
  2. デコレーショントリマーでリボンを作成

という流れでご紹介します。

1の植物のパンチや2のデコレーショントリマーがなくても、コンパスやハサミがあれば作れば、リースは作れますので、ご安心下さい!

クリスマス感がでるように、台紙はできれば黒の台紙を使って下さいね。

1の植物のパンチ(またはコンパス)でリース部分を作成をご紹介します。

①台紙に直径29cmと23cmの円を2つ鉛筆で薄く書く。

f:id:n-hummingbird-t:20181106125039p:plain

②円の中に、緑色のペーパーを植物のパンチでカットして敷き詰める。

f:id:n-hummingbird-t:20181106123758j:plain

緑色のペーパーは2~3種類の緑色系を使うと立体感が出ます。逆にいえば、ほんの少し残っている緑色のペーパーをかき集めて作れます。

植物のパンチを持っていないという方は、直径約1~3㎝の円をコンパスで書いて、ハサミでカットして敷き詰めて下さい。ただの円でもとても可愛いリースになると思います。

2デコレーショントリマーでリボンを作成

デコレーショントリマーを使ったリボン作り方は以前このページでご紹介しました。
そちらをご参照下さい。

 

www.hummingbirdyokohama.com

 デコレーショントリマーがない方は
直径約2cmの丸と、横幅が約4㎝のハートを2つ、幅約2cmのナミナミをハサミでカット

組み合わせれば、リボンになります。

f:id:n-hummingbird-t:20181106123807j:plain

実はこのページもデコレーショントリマーを持っていない頃に作ったので、自分でハサミでカットしてリボンを作っています。

リースのまわりは家庭にある2つ穴パンチで白や緑、赤のクリスマスカラーのペーパーをパンチして下さい。

さてさて最後に、サンタの正体についてのこぼれ話です。

我が家の子供達はアルバムを見るのが大好きで、時々アルバムを引っ張りだしてきてはみています。

先日11才になる息子が今回ご紹介したクリスマスリースのページを見ていたところ、「え~!!」 と叫び声をあげていました。なんだかショックを受けた感じ。ページのジャーナリング(コメント)に「夜寝たのを見計らって、プレゼントを枕もとに置きました♥」と書いてあるのを読んだようです。

サンタさんの存在をギリギリ信じていたのに、サンタはお父さんとお母さんだった!と知ってしまったようです。がっくりとショックを受けていました。

そうかそうか、ジャーナリングの文章はよく考えて書かねばと反省した日でした。